シミの種類とその対策法について

MENU

しみにはどんな種類があるの?

しみというのは、メラニン色素の沈着によって起こりますが、メラニンが生成される原因によっていくつかの種類に分かれます。
しみの種類は、老人性色素班炎症性色素沈着肝斑の3つが主なものになります。

 

老人性色素班

 

老人性色素班は一般的なしみで、紫外線が原因とされています。
ターンオーバーの低下でメラニンの排出が滞ってしまうため、顔だけではなく背中や肩、腕など紫外線が当たりやすい部分にできます。
基本的には加齢に伴って現れますが、生活習慣の乱れや肌の乾燥によって肌の状態が悪化し、ターンオーバーが乱れると年齢に関係なく発生します。

 

炎症性色素沈着

 

炎症性色素沈着は、やけどや擦り傷、かぶれ、ニキビなどで炎症が起き、それが治まった後に出てくるしみです。
一般的に時間が経てば薄くなるのですが、傷付いた部分はターンオーバーが正常に行われません。
そのため、薄くなるとしてもターンオーバーを促進しないと消えずに残ってしまいます

 

肝斑

 

肝斑はホルモンの影響によって出来るしみで、妊娠やピルの服用、更年期などが原因と言われています。
主に40代から50代に出来やすいのですが、ターンオーバーがきちんと行われていれば、加齢とともに消えていきます。
ですが、40代からはターンオーバーが低下するので、逆に悪化することもあります。

 

肝斑についてはここでさらに詳しく解説しています。

 

基本的なスキンケア方法は・・・

 

それぞれに原因が異なるしみですが、基本的なスキンケアはしっかりと保湿をすること、美白化粧品を使うことです。
肌が乾燥すると、ターンオーバーが低下してしまうのでメラニンの排出が出来なくなりし、美白成分でメラニンを作らない濃くしないことでしみの悪化を防ぎます。
ただ、どんなしみであっても、メラニンを排出することでしかしみを解消することはできません。
保湿は肌の状態を健康に保つためのケアですし、美白化粧品は予防効果しかないので、ターンオーバーを活性化する成分が入ったサプリメントで内側からもメラニンに働きかけていくことがどんなしみにも効く対策法になります。
また、Lシステインという美白成分なら、ターンオーバーを活発にするだけではなく、メラニン色素を淡色化する効果もあるので、Lシステインが配合されているものを選ぶとより効果的です。