シミの原因

MENU

シミができる原因は?

シミ

シミが出来るには様々な原因が絡み合っていますが、一般的なシミの場合、肌の老化とメラニン色素の過剰生成の2つが主な原因として挙げられます。

 

肌の老化と聞くと加齢を想像するかもしれませんが、肌年齢は実年齢によって変化するわけではありません。
歳を取ってもいつまでも綺麗な肌を持っている人もいれば、生まれつき体質の問題で肌が荒れやすい人もいます。
もちろん、どんなにきちんとスキンケアをして規則正しい生活を心がけていても、肌が老化しないわけではありません。
人間の体は老いをなくすことはできないので、大概は25歳ぐらいから肌がゆるやかに老化していきます。

 

はじめに言ったように、肌年齢に影響する原因は実年齢以外にも様々なものがあります。
紫外線や化粧品によるダメージ食生活の乱れ不規則な睡眠スキンケア不足喫煙栄養の偏りなども、肌年齢の老化を促進します。

 

そして肌が老化すると、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、肌の状態を健康に保つことができなくなります

 

一言で言えば新しく作られる肌細胞の数が減少して、古い肌やシミを排出することができなくなってしまいます。
肌の治癒力も低下していくので、ダメージがそのまま残ってしまったり、メラニンが過剰に生成されたりして、色素沈着(シミ)が起こりやすくなります。

 

 

つまり、肌の老化を防ぐことがシミ対策には最も大切ということです。

 

肌が老化してしまうとターンオーバーが正常に行われなくなる、というのが一つのシミの原因です。

 

ターンオーバーについての詳しい解説はこちら
 →肌の代謝|ターンオーバーを促進させるには

 

ケラチノサイトの異常で・・・

紫外線

女性の悩みとなる多くのシミの原因は紫外線です。
紫外線を浴びることでケラチノサイトという物質がメラニン色素を作り出します。

 

このような説明ですと、メラニン色素は有害な物質というイメージが生まれてしまいますが、実はメラニン色素は細胞を守るという大切な役割があります。

 

肌は、皮膚の外からの刺激を受け止めて肌内部の組織を守る働きをしています。
一方で、肌を通して与えられる刺激から細胞を守ることはできません。

 

例えば紫外線や大気中のホコリ、アレルギーのある物質、化粧品などに含まれる成分、有害物質などに対して、肌は何もできません。
また、こする、たたくというような刺激も激しい衝撃になると危険です。
このような原因で肌細胞内部のDNAにダメージが与えられ、細胞が元の機能を失ってしまったり死滅したりということが起こります。
稀なケースではありますが、異常変異を起こすこともあるようです。

 

メラニン色素は細胞の周りでこれらの刺激からDNAを守り、細胞に異常が起こらないようにしています

 

 

では何故メラニン色素は有害と思われているのでしょうか?

 

細胞を守るという役目を終えたメラニン色素は、本来であれば新しい細胞が生まれていくのと共にターンオーバーによって排出されていきます。
ですが、紫外線などのダメージによってケラチノサイトに異常が起こると、必要以上のメラニン色素が生成されてしまうということがあります。

 

通常のターンオーバーのサイクルでは排出が間に合わず、メラニン色素が肌に残ってしまうためシミとなってしまうのです。